転出届なんて初めて耳にした

今日は友人の引越作業を朝から手伝ってる。何もこのクソ暑い季節にやらんでもいいだろうに。このタンスはどこに置くの?あーそれは部屋の角、そこへやってくれ!了解、じゃぁ運ぶぜ。

そういや転出届って提出してきたの?何それ?初めて聞くんだけど。なんだよ知らなかったのか。市役所に行って、引越しますよって伝えてくるのが転出届ってやつさ。

そうしないと住民票が移動されないし、印鑑証明とかも元の住所でしかとれないぜ。親元から独立したんだから、全てちゃんとやっておこうぜ。ちなみにクレジットカードとか、免許も変更が必要。

免許は住民票がいるから、転出届を提出して一緒にもらってくるといい。ふーんそうなのか、おまえ色々と知ってるんだな。まぁ俺も二年前にやったばかりだから。

ってかおまえが勉強不足すぎるだけだろ。んな事言ったって、不動産会社は転出届どころか何も教えてくれなかったよ。

そりゃそうだろうね。不動産会社には関係ない事だし、自分で調べろよって思ってるだろう。

披露宴に笑顔の親心

あー披露宴、ようやっと終りか。どう?「え?」感想よ。これから、結婚式。心の準備、出来た?「えっと、まだ少し...」何?ちょっち不満そうな顔、まだ不安が?

「んー。不安っつーんかな?私出てったら、パパ、一人になっちゃう」あー。そいえば、お母様は...。

「んー、披露宴来れなかったからね。あの交通事故で、他界さえしなければ...」でも!これから、旦那と二人、幸せな生活を過ごす訳!だから、きっとお父様も理解を...。

「そりゃ応援はくれたけど、内心、孤独やろうなぁ」ふむ、絵里は相変わらず親思い。

「男手一つ、長い事、私の面倒見、愛情を注いでくれたから。やっぱ何時までも、感謝さ。忘れられぬ恩」恩、か...、披露宴でも笑顔やった。

「ええ。中々笑わん父が、満面の笑みで...本当、分らんわ」披露宴が大成功な以上、本番の式、絶対無事に上手く成功必須!

「有難う。貴女にも良縁が訪れる事、切に願っとる」ふふ、私かぁ。絵里みたく、素敵なお嫁さんになれりゃえーけど。

オールインワン化粧品 保湿って、どうよ?つーか、浸透しないと聞くけど、真相を答えよ。「そんな事は無い。ほら皆、使って効果あると...;」

一応、そりゃ皆褒めっけどさぁ。本音を聞きたいわ。「本音?皆、裏表ありません!」嘘吐け、オールインワン化粧品 保湿はともかく、浸透し難さMAXだそう。

「いやー、全否定出来ぬわ。無論、ベタつきもある。が、オールインワン化粧品 保湿力、効果はお墨付き!太鼓判おすよ!」へー、自信ありげに。

「美肌になりたい?」勿論。「じゃ、オールインワン化粧品 保湿を高め、是非!」具体的な商品教えてよ。「メディプラスゲル」まわし者め!

「え?」先日も同じ事言われた!同じアイテム...;皆、グルね!「ちょ、どっからそーゆー奇抜な考えが出る」奇抜?じゃ何故、揃いも揃ってメディカルゲル?

「良質!他にどー説明を?」信じるのも難しく、疑わしさ止まらず、口を塞げばえー思うわ。「ちょ、無茶苦茶はやめろ。実際使えば分かる筈!」

駄目?「NO、逆!」嘘吐きめ、一生喋る事許さず。